お気に入りルアー teat nihito2


男っ気むんむんのルアーティートニヒト2
昔のティートルアー全般的にひび割れはつきものでそれがまたティートっぽくいてよい

そしてこいつはひび割れるたびにアロンやボンドで補修をして使い続けてきたルアー



CASZKIT8.jpg


以前某トップウォーター雑誌にノリチカさんの記事がでていました、ボックスの中身は見事に全部ボロボロのルアーでぎっしり
こういった演出?(けっして演出ではないと思う)スタイルがいっそうノリチカさんのティートブランドに拍車をかけてるのかと

先日関東の集まりで、関西の好きなブランドは何?の話題で真っ先にティートがあがっていました、さすが!

僕もティートの中でお気に入りが何個かあります。
中でも真っ先にこのニヒト2はフォルム、質感、カラー、金属パーツ、すべてがパーフェクト!
男っ気のあるブランドなのにエロい曲線はティートの十八番
フロントの繊細な突起ボディーにコントラストの利いたゴッツイオリジナル金属パーツはなんとも言えないね
ペラやリグは本当に分厚いね、でもエッジは丸みをおびたやさしさもあるし
ブランドロゴとルアーのギャップもくすくすされるしね




CA8JVDVC.jpg




偶然か必然か?この“ハズシ”にやられてしまったのです
この無骨なモッサリとエレガントに打ちのめされたのです。。。

ティートルアー全般的に言える事ですが、同サイズルアーよりも質量を感じるのはボディーシェープの錯覚でしょうか?
そんな存在感がたまりません


突然思いついたけど、もしもチャリに例えるなら
クロモリの細いフレームにゴツゴツのブロックタイヤはかせた80年代マウンテンバイク
もしくはサーフボードを積んだ、さびさびのギーギーいってるぶっといタイヤのビーチクルーザー
そんなエロいバランスにも似てるかもと思ったりして









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ヤプールアー

Author:ヤプールアー
釣りより落語blogになりつつある

トップウォーターでブラックバスを釣ってます
カヤック、フライフィッシングなど
「ヤプー」という不細工でいやらし~ルアーをつくっています
「ヤプー」とは「家畜人ヤプー」からこっそりいただきました
そして本業を疎かにしてまで水面へ・・・都内を脱出して霞水系、房総半島へ・・・


にほんブログ村 釣りブログ トップウォーターへ
にほんブログ村

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR