FC2ブログ

3月29日 文京春日亭 #桂宮治 vs #神田松之丞 二人会 #文京ビックホール 小ホール #らくご #落語 #rakugo #講釈 #講談

201803311840193ab.jpeg



3月29日 文京春日亭 #桂宮治 vs #神田松之丞 二人会 #文京ビックホール 小ホール
#らくご #落語 #rakugo #講釈 #講談



春風亭かん橋「初天神」
桂宮治「親子酒」
神田松之丞「吉岡治太夫」
仲入り
神田松之丞「桑原さん」
桂宮治「花見の仇討ち」




宮治さんの親子酒「ごっくんごっくん」一升瓶「ふぉっふぉー」はなん度聴いても面白い。
酔っ払った親父の業界の愚痴、息子の時事ネタ。後で松之丞さんにいじられていた。

松之丞さんの「吉岡治太夫」
「強い者が勝つ、弱い者が負ける…」というマクラから
吉岡治太夫に弟子入りした清十郎は吉岡に他流試合を禁じられるが、卜部藤蔵の道場で他流試合に巻き込まれる清十郎。
清十郎が「参った!」と言っても卜部藤蔵にボコボコにされる行、弟子の仕返しにと吉岡治太夫が卜部藤蔵を負かす行。全編ド迫力で見どころ満載、圧巻。
「弟子の腕を見れば師匠の腕がわかる、師匠の腕を見れば弟子の腕がわかる」

前の「吉岡治太夫」が長くなってしまったので、帳尻合わせで新作の「桑原さん」を12分で。学生時代を思い出しながら、間抜けでいけてない桑原さんの話。

宮治さんのゴリッゴリ爆笑落語と、松之丞さん怒涛のカッコよさが光る講談
コントラスト強すぎのこの上ない二ツ目パッケージ。贅沢すぎる。

講釈と講談の違いが気になったのでWikiから
「明治時代以降、講釈は講談と呼ばれるようになった」だそうです。
松之丞さんはよく講釈と言っていますね。


2018 41公演目
3月 15公演目
D列5番
キャパ325席は満席





にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント