FC2ブログ

2月20日 立川談笑「落語外伝」 名作落語-それまで・そのあと・スピンオフ- 第4回お題「らくだ」立川談笑 / 広瀬和生 成城ホール

201802221950597b7.jpeg

20180222195054813.jpeg



2月20日 立川談笑「落語外伝」 名作落語-それまで・そのあと・スピンオフ-
第4回お題「らくだ」立川談笑 / 広瀬和生 成城ホール
B列3番 #らくご #落語 #rakugo


立川談笑「らくだ」
仲入り
立川談笑「らくだ 外伝」
立川談笑 / 広瀬和生 対談



最初にフグの雑炊を食べる丁目の半次、む〜そしてゲロ指南所という行は面白い。
大家の所に行って「かんかんのう」を踊らせるをクズ屋が言い忘れた。
「お前本当に忘れただろ!?」
コレが巧妙なくすぐりかと思ったが、後で本当に忘れていたのだと白状する談笑師匠。


外伝では「らくだ」のネーミングの由来がサゲになっていた。
らくだの母親が登場し、実はらくだが相模屋金兵衛の主人だった事を長屋の住民に告げる。
長屋衆には、本来の姿「相模屋金兵衛の主人」という事を偽っていた。
長屋連中の仕事を戒めるため、実の父親の大家に復讐するためというのがらくだが長屋にいた理由。


広瀬さんとのトークコーナーでは、本当は信念や正義をもったらくだにしたかったと最初に話されていた。
本来の談笑師匠の「らくだ」を聴いたことがないが、随分と陰惨な噺らしい。そしてかんかんのうを歌ったのも初めてとの事。
今回はらくだの行動の意味、らくだの名前の由来を外伝のテーマにしたために、談笑師匠の改作らくだではなかったのだと。

大雪による1ヶ月の延期公演。この1ヶ月で「らくだ」の解釈が進化したとの事で、本来なららくだの母親ではなく、妹が登場するはずだったと。
大根の漬物を奪う理由や、河豚を食べてしまったらくだが腑に落ちる外伝。
何はともあれ延期公演待った甲斐があったと思えるスピンオフ企画だった。



2018 23公演目
2月 9公演目






帰りにうちの近所で蕎麦喰ってたみたい
酔っ払っていたのでうすら記憶。

20180222195054655.jpeg




にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント