FC2ブログ

2017年 落語総括

201801021455037f4.jpeg




2017 に足を運んだ公演は134公演
観た高座は落語が606席
講談は15席 浪曲は7席
良い一年だった。2018年も沼にハマろう。


7席以上聴いた噺家さんをピックアップしてみると

立川こしら 22席
立川かしめ 21席
橘家文蔵 19席
立川志らく 18席
春風亭一之輔 17席
桃月庵白酒 17席
三遊亭兼好 15席
立川談笑 14席
瀧川鯉八 14席
春風亭昇々 14席
三遊亭萬橘 14席
神田松之丞 12席
桂三木男 (三木助) 12席
入船亭扇辰 10席
柳家喬太郎 9席
柳家三三 9席
立川志ら乃 9席
橘家圓太郎 8席
立川吉笑 8席
柳亭小痴楽 8席
柳家小三治 7席
春風亭一朝 7席
古今亭文菊 7席
三遊亭天どん 7席
橘家かな文 7席



特に印象に残った高座は


3/28 立川志らく「長短」お江戸日本橋亭
3/28 立川こしら「粗忽長屋」お江戸日本橋亭
4/13 立川こしら「宮戸川」お江戸日本橋亭
4/17 立川志の輔「百年目」エポック中原
5/5 桂三度「オンチン」新宿末廣亭
5/5 神田松之丞 「那須与一 扇の的」新宿末廣亭
5/29 立川志らく「浜野矩随」上野広小路亭
6/7 立川こしら 「松竹梅」成城ホール
6/12 橘家文蔵「笠碁」シブラク
6/19 立川志らく「天国から来たチャンピオン」渋谷区文化総合センター大和田さくらホール
6/26 春風亭一之輔 「青菜」マウントレーニアホール
6/30 春風亭昇々「雑俳」新宿角座
7/6 立川こしら「反対俥」お江戸日本橋亭
7/10 柳家はん治「妻の旅行 」牛込箪笥区民ホール
7/11 橘家文蔵「目薬」国立演芸場
7/11 瀧川鯉八「冤罪」楽器カフェ
7/14 神田松之丞「徳川天一坊 天一坊生い立ち」シブラク
7/15 立川かしめ 「前説 」シブラク
7/18 三遊亭兼好「鰻の幇間」国立演芸場
7/30 柳家さん喬「唐茄子屋政談」よみうりホール
8/7 柳家小三治「小言念仏」池袋演芸場
8/9 立川かしめ「桃太郎」お江戸日本橋亭
8/14 三遊亭兼好「粗忽長屋」にぎわい座 芸能ホール
8/14 春風亭一之輔「代書屋」にぎわい座 芸能ホール
8/14 橘家文蔵「青菜」シブラク
8/21 古今亭文菊「長短」鈴本演芸場
8/31 柳家花緑「紺屋高尾」町田市民ホール
9/6 立川こしら「長短」 成城ホール
9/25 三遊亭兼好「氷上滑走娘」マウントレーニアホール
9/17 立川吉笑 「八五郎方向転換」お江戸広小路亭
9/29 神田松之丞「中村仲蔵」草月ホール
9/30 桂宮治 「粗忽の釘」成城ホール
10/1 三遊亭兼好「粗忽長屋」なかの芸能小劇場
10/2 立川かしめ 「寄合酒」
10/2 立川こしら 「紙入れ」
10/2 立川こしら 「心眼」
10/14 立川吉笑「歩馬灯」
10/14 橘家文蔵「寝床」
10/23b橘家文蔵 「猫の災難」 新宿末廣亭
10/28 橘家文蔵「試し酒」 新宿末廣亭
10/29 橘家文蔵「らくだ」新宿末廣亭
10/30 橘家文蔵「芝浜」新宿末廣亭
11/2 立川こしら「粗忽長屋」お江戸日本橋亭
11/2 立川こしら「宮戸川」お江戸日本橋亭
11/7 橘家かな文「金明竹」東京芸術劇場 シアターウェスト
11/7 橘家文蔵「寄合酒」東京芸術劇場 シアターウェスト
11/7 橘家文蔵「猫の災難」東京芸術劇場 シアターウェスト
11/7 橘家文蔵「子は鎹」東京芸術劇場 シアターウェスト
11/11 三遊亭歌之介「B型人間」よみうり大手町ホール
11/11 三遊亭歌之介「改作やかん」よみうり大手町ホール
11/11 笑福亭べ瓶「らくだ(通し)」らくごカフェ
11/13 立川左談次 「サイレント 長短」シブラク
11/13 橘家文蔵 「猫の災難」シブラク
11/14 柳家花緑「文七元結」シブラク
11/21 三遊亭兼好「宗論」よみうり大手町ホール
11/21 三遊亭兼好「紋三郎稲荷」よみうり大手町ホール
11/21 三遊亭兼好「二番煎じ」よみうり大手町ホール
11/23 神田松之丞 赤穂義士銘々伝より「神崎与五郎仮名書きの詫証文」成城ホール
11/23 瀧川鯉八「科学の子」成城ホール
11/27 橘家圓太郎「芝浜」日本橋社会教育会館ホール
11/29 柳家小三治「死神」新宿文化センター大ホール
12/4 橘家文蔵「時そば」文京シビックホール 小ホール
12/7 立川かしめ「金明竹」 お江戸日本橋亭
12/7 立川こしら「化け猫長屋」 お江戸日本橋亭
12/11 三遊亭兼好「お見立て」 月島社会教育会館ホール
12/18 神田松之丞「神崎与五郎仮名書きの詫証文」 神田連雀亭
12/18 橘家文蔵「らくだ」恵比寿ザ・ガーデンホール
12/24 桂宮治「親子酒」イイノホール
12/24 春風亭一之輔「千早ふる」イイノホール
12/24 春風亭昇々「お見立て」 イイノホール
12/24 柳家喬太郎「夢の酒」イイノホール





2016年までは吉笑さんと志の輔師匠しか知らなかったが、2017年はその他の立川流を聴いてみようと落語会へ通うようになる。
広瀬和生さんの著書や、インターネット落語コンテンツを知り、一気に協会を越えて噺家さん全般にアンテナをはる年になった。
振り返ると立川流、志らく師匠からの流れでこしら師匠と出逢いかしめさんを知る。
サンキュータツオさんのシブラクで文蔵師匠の衝撃。広瀬和生さんの著書がきっかけで兼好師匠にハマる。ラジオやインターネットコンテンツで「成金」を知り、桂宮治、柳亭小痴楽、瀧川鯉八、春風亭昇々、神田松之丞の魅力を知る。

私にとって本当に充実した落語元年となった。



にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
にほんブログ村















スポンサーサイト

コメント

非公開コメント