FC2ブログ

12月11日 柳家はん治 三遊亭兼好 二人会「すっとぼけ」DOURAKUTEI出張寄席 月島社会教育会館ホール #らくご #落語 #rakugo


20171217230403ec0.jpeg
20171217230407a4d.jpeg




12月11日 柳家はん治 三遊亭兼好 二人会「すっとぼけ」DOURAKUTEI出張寄席
月島社会教育会館ホール #らくご #落語 #rakugo

C 列 8 番



三遊亭じゃんけん「金明竹」
柳家はん治「鯛」
三遊亭兼好「お見立て」
仲入り
三遊亭兼好「厄払い」
柳家はん治「粗忽長屋」




じゃんけんさんの高座は兼好師匠のDNAを感じるから気持ちがいい。いい具合の軽さが特に良い。
しかし同じ前座さんで、最近の橘家かな文さんが演っている「金明竹」の衝撃と比べてしまうと、今回のじゃんけんさんの高座は少し見劣りしてしまった。



はん治師匠の可愛い語尾はクセになる。
この独特な語尾と芸風はどこからきているのか?過去に似ている噺家さんがいるとしたならばそれは誰なのか。
「鯛」も当たり前だが可愛かった。
聴き慣れた「粗忽長屋」も、はん治師匠が演ると全然違った根多のように感じる。

兼好師匠がマクラではん治師匠のことを「犬を連れて散歩していたら犬がそのまま立っちゃった様な人」と言っていた。言い得て妙だ、とにかくはん治師匠は可愛いのだ。



この日も兼好師匠は絶好調
マクラにて、銭湯と喧嘩が多い荒川区、兼好師匠も住んでいる虫歯が多いという足立区、街によって毛色が違う話など。昔の吉原はディズニーの様なテーマパークではという話から
「お見立て」がぶっちぎりで良かった。
廓の若い衆の喜助と花魁のやりとり、訛っている杢兵衛が小気味よい。




会場は250〜300のキャパだが、半分位しか埋まっていなかった。まあ面白い噺家さんのチケットが入手しやすいのはありがたいのだが、キャパ1000以上のチケットを、発売と同時に秒殺する噺家さんだけが面白いのではないのだ。 こちらのような会で、至近距離の名人芸でシビれる事を知らない人が沢山いるのは非常に勿体ない。




公演がハネて会場入り口、twitterで繋がっている方から声をかけていただいた。
今回は初めてその方とお逢いしたのだが、兼好師匠の会に足繁く通っている方のようで、今後も師匠の会でお見かけするだろう。
新参者の私ですがどうぞよろしくお願いします。



2017年 128公演目
12月 5公演目






にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント