FC2ブログ

11月6日 みなと毎月落語会 立川志らく 柳家喬太郎 二人会 赤坂区民センター 区民ホール 19:00〜

201711071725227ed.jpg



11月6日 みなと毎月落語会 立川志らく 柳家喬太郎 二人会 赤坂区民センター 区民ホール 19:00〜 M列 31番 13列目右ブロック 右端から2番目



立川志ら門「真田小僧」
柳家喬太郎「夢の酒」
仲入り
柳家喬太郎「ウルトラのつる」
立川志らく「浜野矩随」





志ら門さんの「真田小僧」前座さんなのに、なかなかコントラストが効いた一席。相当やり込んでいるのかなと思われる。


喬太郎師匠はこの日は軽めの根多を2席で、志らく師匠がその後でたっぷりと長めの一席で今年の最高の一席をやってくれるそう…と、だいぶハードルをあげていたが、喬太郎師匠はご自身でなんて気が楽なんだとおっしゃっていた。

「いかがわしいDVDを購入し個人情報をとられて焦る」という夢を奥様に話すというマクラ、から「夢の酒」へ。若旦那の夢の説明が艶っぽい、おかみさんの反応も臨場感ある、面白い。


次々とウルトラマンに関するオタクっぽいネタが出てくる「ウルトラのつる」面白いね〜。
ウルトラマンジャックに関して、新マン、帰ってきたウルトラマン等、ウルトラ兄弟オールスターのうんちくには非常に共感でき笑えるところ。


志らく師匠のマクラで、山田洋次監督から直々に「家族はつらいよ3」映画出演依頼の話があったが、普段志らく師匠が高座でボロクソに言っている正蔵師匠と同じシーンでの出演とのこと。その流れで泰葉さん、2代目林家三平師匠の話にも飛躍。

志らく師匠の「浜野矩随」は今年の5月、上野広小路亭で聴いた根多。
ひょっとこ天狗、椎茸地蔵にプラスして、今回は鼻のない象、花魁かかしなんかも登場。三本足の馬がわざとだという行も新しかった。おっかさんが結局死んでしまう事に対して色々と理由を言っているが、どうもここはしっくりこない。おっかさんは死ななかったというストーリーの方が好きだな。
しっかり長めの一席をという事だったが、志らく師匠もマクラでおっしゃっていた「談春のように長いネタがない」と、、喬太郎師匠の前振りほどでもない割とスッキリとした重くない「浜野矩随」だった。
親子二代にわたって名人の名を欲しいままにした…「頑張れ正蔵」でサゲていた。
そーいう事ですか。

トータル休憩込みで2時間未満で終わった会、志らく師匠の短い根多でもう一席聴きたかった。



2017年 110公演目
11月 2公演目





ブレードランナーを3時間見てからのこの会へハシゴだったので少々疲れた。

昼にトランプが赤坂に来ていたので、この日は警察の数が凄かった。


20171107172525ce7.jpg


にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント