10月28日 新宿末廣亭 十月下席夜の部 橘家文蔵トリの会 #らくご #落語 #rakugo 18:00〜途中入場

20171024194803cb4.jpg


20171029131208b05.jpg




10月28日 新宿末廣亭 十月下席夜の部 橘家文蔵トリの会 #らくご #落語 #rakugo 18:00〜途中入場
下手側 桟敷き 8人目席



三遊亭万窓「悋気の独楽」
三遊亭歌武蔵「宗論」
(仙三郎社中)
桂南喬「色事根問」
柳家小満ん「時そば」
仲入り
柳家小せん「鷺とり」
(米粒写経)
五明樓玉の輔「宮戸川 前半」
古今亭菊太楼「締め込み」
(林家正楽)
橘家文蔵「試し酒」





18:00〜途中入場。仕事が予定通りに終らず諦めかけたが迷った挙句、結局新宿末廣亭に行くことにした。

歌武蔵師匠、いつもの角界根多かと思いきや、「宗論」を掛けてきた、なるほど面白い。


台風が去ったと思いきやまた台風が
この日に米粒写経の漫才でも言っていたが、文蔵師匠がトリの10日間で台風が2つも来るという「嵐を呼ぶ男」文蔵師匠、まさに。

待ってました!の応援幕が客席から出ていた。


「試し酒」じっくり飲んだ一杯目、二杯目以降もたっぷりどっぷり文蔵師匠の飲みっぷりを拝見。時間を忘れさせるミニマムで贅沢な一席、酒好きの師匠ならではが滲み出ていた。限りなく自由度がある根多なので、今後より一層の文蔵アレンジに期待したい。
私も自称無類の酒好き、酒浸りの一席、この多幸感は何にも代え難い。



2017年 104公演目
10月 16公演目


にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
にほんブログ村





2017102913120726b.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント