Home  > 落語 > こしらの集い 立川こしら 立川かしめ 8月9日 19:00〜お江戸日本橋亭

こしらの集い 立川こしら 立川かしめ 8月9日 19:00〜お江戸日本橋亭

2017/08/11(Fri) 22:53


201708112247218dd.jpg




こしらの集い 8月9日 19:00〜お江戸日本橋亭
下手側三列目左端

「桃太郎」立川かしめ
「質屋蔵」立川こしら
「牡丹灯籠」立川こしら


「桃太郎」立川かしめ


子供がおとっつぁんに"重言"を嗜める行がかしめさんらしくて良い。
「親なんてのは罪がない。桃太郎でした」でサゲ。
この根多とかしめさんの相性がすごく良い。意表を突かれた、これは面白かった。




「あこしら山口博多ツアーの漫談」立川こしら

・遠峰あこさんとこしら師匠とツアーで山口県に行った話。
・洞春寺というボロボロのお寺、これまたボロボロな離れ。ここが2人の宿泊先。
・畳が腐ってる、空調無しで暑い、当峰さんの部屋だけ空調付き、畳も綺麗なものが集められた。
・壊れた扇風機を3台セット
・米びつ、炊飯ジャー、人参、ジャガイモ、カレールーはあるから勝手にお米炊いてカレー作っていいよ
・離れの周りにドブ沼と草がボウボウな墓場
・「寄合酒」に出てくるような世界観「江戸の風ってここの事か〜!」
・歓迎会で落研の落語を聴かされる、志らく師匠の「寝床」だった。
・女義太夫、乳首が見える人形浄瑠璃のおばさん
・「ポヨン、ポヨン、ポヨ〜ン」の楽器のこじきみたいなおじさん
・夜、カエルがうるさい、色々なカエル
・変な音と変な光が、平将門が守護霊でついているこしら師匠は大丈夫。結局ホタル「風流じゃねーかよ!」
・噛みつく犬を飼ってる「マル住職は問答無用噛み付きます」の看板。こしら師匠には懐いた。当峰さんには吠えた。
・当峰さんがカレー作りたいけど肉がない。こしら師匠、カエルを捕まえて肉がわりにあげようとする。





「質屋蔵」立川こしら

・三番蔵に幽霊が出る。蔵の鼠穴をわざと塞がないで、貰い火で焼けさせるため。同情してもらえるから。
・「資本主義ってのはだな、悪魔がつくった仕組みなんだ」
・おみっちゃんが帯を買って、旦那とのやりとりでまた帯を質屋に入れ、おみっちゃん寝込んでしまう。出戻りの妹と旦那がくっついておみっちゃんは死ぬ。
・番頭は帯をとったから、おみっちゃんに恨まれる。
↑↑↑
ここまでの行はこしら師匠のアレンジか?
・貞吉が番頭に頼まれて屈強な頭領呼びに行く。しかし頭領は化け物怖い。
・「いーぞー頑張れードラゴンズー」頭領が酔っ払って歌う
・ここでも「資本主義……」← 私のメモが読めない、、
・蔵に幽霊満員、しかし何かの理由で消えかかっている。←ここも忘れた、、
・貞吉が立ち聞きしてる、立ち聞きしてないで揉める。貞吉悔しい。
・貞吉の悔しさに比べたら、幽霊の悔しさなんて…幽霊消える、貞吉使える。貞吉が壊れる、ここで貞吉ドラゴンズの応援歌。
・幽霊おみつ、10円の帯が2円だった。
・旦那が説教「資本主義の奴隷なんだよ」
「質種にしたって涙にしたって、流さない方がいいんだよ」でサゲ。





「牡丹灯籠」立川こしら

・旦那のせがれは伴蔵を慕っている。せがれのために通って欲しいので、旦那は押入れの戸を直すために通ってほしいと
・押入れの戸ならロウを塗れば直ると伴蔵。すぐ直っちまう、いや直さないで通ってほしいと
・若旦那は本当は元気。伴蔵さんからのつまらない話「話のおかゆだよ」。
・実は毎日女が来てくれている。「いいねー女の人は、発表したいことがある、童貞を卒業した」
・妄想彼女?旦那へ報告、貞吉はスパイ役
・ご馳走になって道具箱担いで帰る。変なばあさんに会う。夜中離れの2階を覗く。
・若旦那と抱き合っているばあさん、若旦那が骸骨抱えて「ばあさん目玉が落ちちまった」夢だった
・旦那のところへ戻る「提灯じゃない灯籠なんだ」
・その筋の先生が来た「先生見えますか?」「いるないるな」
・先生「いねーいねーいねーいねー」とりあえず追っ払った、お札600両。先生詐欺です。
・おばあさんが若旦那を訪ねて来た「お札を剥がせ剥がせ」目ん玉が落ちた…夢
・「旦那!来たんですよ」「提灯を持った牡丹灯籠だろ」目玉落としたばあさん…また夢
・お金あるから、もう旦那のところへ行かなくていいよ
・ちょいとちょいとまた夢「お酒寝る」また夢「お酒、寝る」また夢。繰り返し。
・先生が来て「散々詐欺師呼ばわりしたな」
・旦那に若旦那の身代わりにされた「お前騙されてたんだよ」
・襖、赤ん坊、俺とおっかんの子だ。バケモンとの間に子をつくった。
・ギンという大変な運命をもって産まれて来ました
「牡丹灯籠、ギンの誕生の一席でした」でサゲた。




マクラが長すぎて仲入り。「こしらの集い」長いマクラは毎度ハズれなし。
今回のこしら師匠の2席、改造しまくりで気をぬくと置いてきぼりをくらう。特に「牡丹灯籠」では本筋さえも見出せないままついて行くのが必死だった、雑なメモの文字起こしをしていても、より一層意味不明なことだらけ。しかし無駄ではない、とりあえずここに記す事で自分に蓄積する。
私があまり聞き込んでいない根多の二席だったがために、こしら師匠アレンジのクレイジーでゴージャスな落語の楽しみは半減してしまった。反省。



2017年 54公演目
8月 5公演目



にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
にほんブログ村





201708112247203c5.jpg










スポンサーサイト

Category:落語

comment(0trackback(0

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ