Home  > 落語 > 立川志らく 独演会 東京芸術劇場 7月25日

立川志らく 独演会 東京芸術劇場 7月25日

2017/07/26(Wed) 17:57

20170726175418918.jpg




立川志らく 独演会 東京芸術劇場 7月25日 19:00〜
2階席 C列12番 左ブロック

「牛ほめ」らくぼ
「青菜」志らく
仲入り
「子別れ」志らく



「青菜」志らく
・志らく師匠、ひるおび!効果ネタ。加計学園問題に詳しくなった
・尊敬するのは談志とチャップリン、チャップリン。これだけでも政治スタンスが違う
・豊田議員、自由党に入ればいいのに。山本太郎、小沢一郎…
・「稲田っていうのが安倍の女」言いたくてしょうがない。
・豊田議員なんて大したことない、談志は論理でくるからもっと怖い。
・タクシー代 10000円をケチって5000円でゆるせ。しかも叩きつけられる
・談志は威厳を保つためにカツカレー、志らくは普通のカレー。談志本当はカツいらない、カレーが食べたい。カツだけわざわざ志らくの皿へ。ぐちゃぐちゃ。
・談志と圓楽は本当は仲良し。イリュージョン以降「談志も芸が荒れたねー」
・直しの行で「柳蔭ブルース」
・帰ったら隣の89のばあさんに水をまいてもらってる
・「撒きたいんだから撒かせときゃーいーんだ!」
・「鞍馬から牛若丸が出でまして…」「真光教の呪文だろ!」
「うぅぅぅ、弁慶にしておきな」

青菜前半抑え目から、後半の爆発は大体予測できた時点で後半に想いを馳せる。
後半、キタね。予想を上回るハイテンション、こうなったらもう志らく師匠を止められない。何をしても何を言っても笑いのツボに入りまくる。腹筋崩壊の涙々。


「子別れ」志らく
・啖呵を切って「TVなんかやらない」ひるおび!やりませんか「ヘイヘイヘイ」
・2017上半期ブレイクタレントランキング 1位 志らく師匠
・TVはイメージ固定してしまう。志の輔兄さんを全国の皆さんがどれだけ落語家だと理解しているか。
・「なんで吉原へ行くんだい?」「目の前に吉原があるからだ」登山家みたいだ。
・かみさんなんてボウフラみたいにかき混ぜてリャ〜いくらでも出てくるんだ
・頭殴られ穴が空いて、そこに水がたまって…
・おみっちゃん、カメと一緒に出て行く,今回は目に「本気、マジ」と
・女郎、オマル欲しい、ない、ないなら台所で。いつもやってるよ。
・夢でカメが逃げて崖から落ちる。一緒に落ちたら亀の子だわしに変わってた。
・たがやタツキチ志らく師匠の「あうっ!あうっ!」で再開
・カメからおみっちゃんの話を聞く、毎日おとっつぁんの話をしてる。馴れ初め聞いた。
・くまごろう泣き出す、八百屋が見てる。すぐに八百屋が再登場。
・カメにあげた50銭がおみっちゃんに見つかる。「白状しないとおとっつぁんの玄翁で打つよ!」頭殴られ穴が空いて、そこに水がたまって…(再び)
・翌日カメとくまごろう、鰻屋におみっちゃんも来てしまう。
・また八百屋がいる
「あー、鎹(かすがひ)だからおっかさん
あたいの頭、玄翁でぶつと言ったんだ」

子別れもギャグ満載、3回登場の八百屋も効いている。
鰻屋で煙管に煙草を詰めるクマ、志らく師匠の「長短」長さんが出た。


2017年 47公演目
7月 12公演目


にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
にほんブログ村














スポンサーサイト

Category:落語

comment(0trackback(0

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ