Home  > 落語 > 角座深夜寄席 特選真打ちの会 6月30日

角座深夜寄席 特選真打ちの会 6月30日

2017/07/01(Sat) 21:53

20170701215105bbd.jpg

20170701215106b01.jpg


6月30日(金) 角座深夜寄席 特選真打ちの会 開演20:30
桂伸治 / 古今亭今輔 / 春風亭昇々 / 笑福亭里光
松竹芸能 新宿角座
整理番号 50番

トータルで素晴らしい会だった

開口一番
「時うどん」笑福亭希光
・希光 新幹線 のぞみ、ひかり、この説明で皆様にこだました。
・次の日に同じ様に真似てやる。半分残すと言いながら、3本しか残っていないうどんを落としたり、、一人芝居をうどん屋は気持ち悪がる。

「雑俳」春風亭昇々
・会場見渡しギャラの計算
・将棋の加藤一二三とtwitterで繋がってる。フラウの企画 うなぎ部繋がり 昇々は部員
・BARで落語、壁に向かって話す
・今日の客はこんな感じ、稽古したい。
・「つる」の始まり粗茶の行からの「雑俳」
・メジロ「JR 目白の次は 池袋」…
・俳句がうまく言えない〜「オタクではラッパのお稽古ですか」でさげた。

「堪忍袋」笑福亭里光
・笑福亭里光(リコ)師匠、千原ジュニア、ガッツ石松に似てなくはない
・真打の会なのに二つ目の昇々、人気があるから仕方がない、お目当でしょ。
・自宅寄席、松竹芸能通さずに呼んでほしい
・ヘエベエが夫婦喧嘩の仲裁、お互いの言い分、塩昆布の歴史、梅干しの歴史
・長屋中で堪忍袋が大流行、パンパンになる。
・「昇々が古典やると思わなかった〜…」
・「クソババア死ねーーー!」
「これくらってお姑さん、かえって元気になりよった」でサゲ


「ハードボイルドのカリスマ」古今亭今輔
・5代目が立派すぎるからの男性ホルモン自慢。
・毒手、ドーベルマン刑事、北方謙三、水滸伝
・いいかよく聞け小僧ども、ソープに行け。
・ハードボイルド作家固ゆで卵のキタヤマケンザブロウ先生が地元の九州で取材
・武勇伝を語る。川島君を撃ち殺す。バームクーヘン鼻の彼女
・ハードボイルドと可愛さのコントラストが良い。キタヤマケンザブロウ先生。
・川島君やめてよ〜
・バームクーヘン鼻の女と付き合うことになった
・川島君「固ゆで卵がグズグズになっちゃったよ」サゲ

「鰻の幇間」桂伸治
・待ってました大門町!東京都東久留米市大門町
・自◯党には興味ない。ここんとこのネタ、ハゲ!などがたくさん出てくる
・ここの集まりは秘密結社みたい。秘密保護法に引っかかるからへんな相談はできない。
・大将が歩いてくるが、どこの誰だかわからない
・とりあえずうなぎ屋へ連れて行ってご馳走になる流れ
・うなぎ屋ぼろい、おつだね〜
・漬け物、鰻を食べる、酒飲む、大将が憚りへ。大将がいない。
・酒飲む仕草、鰻を食べる仕草、観ていて気持ちが良い。うまいな〜
・怪文書をもってきたり。自◯党時事ネタ。
・会計済んでいない。払うよ払う!
・下駄まで履いていかれて「アレはお連れさんが履いて帰った」でサゲ



6月落語 14公演目
2017年 35公演目



にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
にほんブログ村













スポンサーサイト

Category:落語

comment(0trackback(0

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ