Home  > 落語 > 〜みなと毎月落語会〜立川志らく独演会〜麻布区民センター区民ホール

〜みなと毎月落語会〜立川志らく独演会〜麻布区民センター区民ホール

2017/06/28(Wed) 17:44

ID:5q0ii1

20170628170117f63.jpg



6月27日(火) 19時開演〜みなと毎月落語会〜立川志らく独演会〜麻布区民センター区民ホール
A列 9番
A列だから最前列かと思っていたら、いろはに列があったので5列目。なんだよ…しかし真ん中の良い席。
#時そば #らくぼ
#寝床 #志らく
仲入り
#中村仲蔵 #志らく
らくぼさんをしっかり聴いて、志らく師匠の
「寝床」
根多が始まり、あ、"寝床"かな?ってところで居眠りしてしまった。
ほぼ全部記憶がない、勿体無い事をしてしまった。

「中村仲蔵」
志らく師匠の中村仲蔵は、今年の1月にも国立演芸場で観ている。
小林麻央さんが数日前にお亡くなりになられているタイミング
市川團十郎、海老蔵、歌舞伎界の血筋の話がマクラ
「忠臣蔵」五段目の定九郎役を演ずることになった中村仲蔵。
・弁当幕の説明、あまりいい役ではない。
・浪人にあってからの演出の工夫が面白い
・女房、最初は賛成、でも本音は反対
・失敗に終わったら江戸にいられない、女房と一緒に上方へ
・黒く塗るところを白く塗る。真っ白定九郎血が出る演出
・静まり返る会場に失敗したと勘違いする
・「お前さん酒を飲む?よそう、夢になるといけねえ(芝浜)
・あんなにいい定九郎はいないと噂に
・また祝いに酒を飲む、夢になったら困る

今回の独演会、演目がシブい。
海老蔵、仲蔵繋がりか
小林麻央さんの報道と、海老蔵さんの役者魂にふれる根多選び。
悲しむのではなく、海老蔵がこれからどんな役者になるのか…と志らく師匠は結んでいた。



6月 12回目
2017年 通算 33回目の落語会



にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
にほんブログ村










スポンサーサイト

Category:落語

comment(0trackback(0

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ