Home  > 落語 > 6月26日 春風亭一之輔 独演会 第十九回渋谷道玄坂寄席

6月26日 春風亭一之輔 独演会 第十九回渋谷道玄坂寄席

2017/06/28(Wed) 17:36



201706271300015b7.jpg



6月26日 (月) 春風亭一之輔 独演会 第十九回渋谷道玄坂寄席
プロデュース 広瀬和生

マウントレーニアホール 渋谷プレジャープレジャー
18:30開場 19:00開演

1F F列 3番

開口一番 「子ほめ」春風亭朝七 細身で声が綺麗
「蛇含草」(じゃがんそう)一之輔
「麻のれん」一之輔
仲入り
「青菜」一之輔

「蛇含草」
・上方は餅「蛇含草」 ⇄ 江戸は蕎麦「そば清」
・餅に喰われる行で、「喰われているのは俺だけど、喰っているのは誰なんだ」と
「抱かれてるのは俺だけど、抱いているのは誰なんだ?」粗忽長屋のサゲをネタに
ここのテンポの良さに爆笑

「麻のれん」
・初めて聴いた根多だったので、最初は「めくらの提灯」かな?と。ストーリーを追うのに必死だった。
・枝豆を食べる仕草、のれんと蚊帳を間違えるあたり、とぼけた按摩さんがかわいい。
・カミナリ怖い。

「青菜」
・コップをレンズにして遊ぶ
・鯉は外套、ウナギはズボン
・酢味噌だけで五合はいける
・マネしたいうちに帰るまでの回想シーンが長い
・タガメetc

一之輔師匠、とぼけた感じがかわいい、表情だけでおもしろい。



6月 11回目
2017年 通算 32回目の落語会




にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 落語へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

Category:落語

comment(0trackback(0

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ