Home  > お気にいり ルアー > ダウンサイジング

ダウンサイジング

2011/02/21(Mon) 19:51


どうやらハンドメイドトップウォーター界も本格的にダウンサイジングブーム到来かもですね

バスポンドのHPから失敬してきた”チコ”の画像

2011219hitori.jpg

松井さんも思ったより良い反響にびっくりしているとブログに書いていました

ツイッターでもタマタマルアーさんがこんな画像をアップしていました

245451228.jpg

釣る気まんまん♡です


古くは”50”でもベイブサイズを出していたし

CAYWY47O.jpg
CAEQF0DI.jpg

ZEALでもチマチマだしてたり

CAYCJK0S.jpg


もっと昔からチャグバグやらヘドンやらのちっこいのもいっぱいある

CAL7ZRJA.jpg


僕も2年位前はスーパーライトベイトタックル&ちっこいルアーで野池荒しにはまっていた
ベビートーピードの改造もしまくった、あらゆるブランドのちびルアーをタックルベリーで買い漁った

1oz前後のハンドメイドルアーを一日中投げて「ボウズでもいいや」ってスタイル
そんな釣りに身も心もボロボロになった結果
ダウンサイジングで少しでもバイトの数を増やしたいという欲望にはしっていました

ダウンサイジングで行きつく先はフライだったりして

CA0091UA.jpg


究極フライも面白いのですがフライタックルの仕組み上、ルアーを操る感覚は薄れてしまう
手元のちょっとしたアクションがウェイトのあるラインのせいで消されてしまう、ダイレクトにつながっている感じがない
確かにラインに重みがある分キャスティングは独特の楽しみもある
極々小さいいかにも“餌”をバスに気付かせて喰わせる楽しみは格別・・・

でもトップウォータープラッガーは細いラインを通して、ルアーにウェイトをしっかり感じてキビキビ動かす事が好きなんだと思う

だからフライじゃなくあくまでもトップウォーターのルアー
ダウンサイジングルアーは面白いと思うし昼間でも何かしら魚からの反応がある
トップウォーターの釣りを続けるにあたってモチベージョンを維持する上でこれってすごく重要

でっかいルアーで釣った方が偉い!って価値観もわからなくはない
でもあまりにも釣れない時は、ちょっと肩の力を抜いて釣果主義になってもいいと思う
ガキの頃に戻ったみたいで意外と楽しいしね


ちなみにヤプーでも”ちっこいヤプー”作ってます
比較対象にラッキー君を並べてみました

CAR1G821.jpg

でもみんながみんなルアーをサイズダウンしたら全国のバスがスレッスレになっちゃうんだろうな~~~・・・心配。











全然関係ないけど一応サイズの話なんで
先日買ったマンガ「進撃の巨人」
釣りで言えば反主流、おもいっきりサイズをでっかくしちゃってます

CAQ6F6PQ.jpg

このマンガ面白いよ。





これも全然関係ないけど
昨日新宿で見かけたでっかい犬
釣りで言えば反主流です、流れに逆らっています。かわいかったけどね♡

CA5E2GCN.jpg





そして、ちっこいルアー使うクセに大食いなヤプー
今日はわざわざ大久保まで行って「ラーメン 大」野菜増しニンニクカラメ味玉にチャレンジ!
ペロリといったよ、ペロリと


CARFTJHI.jpg

ヘルシー志向の世の中で反主流ジャンクな喰い物

二郎系やリスペクト系はやめられないな・・・太っちゃうな・・・おれのボデーも反主流だな。







スポンサーサイト

Category:お気にいり ルアー

comment(0trackback(0

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ