Home  > プレイのおもちゃ > タマゾン川でキャストフィーリングテスト

タマゾン川でキャストフィーリングテスト

2010/11/29(Mon) 18:20



ロッドブランクも削り終わったんでガイドを仮止めして実際にキャストフィーリングを確かめに行ってきました

いつもならやっつけ仕事のヤプーは、天井にロッドをグインッ!グインッ!ってやってみたり

トップガイドにいろんなルアーをブラ~ン ブラ~ン ブラ~~ン ってやってみたりで

オケーオケーこんな感じかな~で次の作業につっつと入ってしまうような性格

でも今回はロッドブランクを削ってテーパーを自分で決める、そしてペイント、コーティングも自分でやっちゃうという初の試みだったので

ペイントしてからではテーパーをなおせなくなって後悔するのがオチ

って事で、ここは慎重に、実際にタマゾン川でルアーを投げてみる事にしました





タマゾン行く途中で初の「ラーメン陸」にトライ





CA3HGV9V.jpg


「陸」で普通の量がわからないにもかかわらず 大もり豚増し あまりにも無鉄砲なオーダー

まあ二郎でも2回に一回は大もりだから「陸」も大丈夫だろうと

案の定、余裕でペロリ!

二郎系だけど意外とあっさりしていた感じ

オーダーの時、野菜ニンニクマシマシって言ったら

「ニンニクはテーブルの上にあります!」って言われて恥ずかしい思いをした。「陸」ヴァージン丸出しだね








で、、、途中 うんこ もれそうになりながら何とかタマゾン川に到着!


CAGFHEH4.jpg


左から

ヤプースティック 1 (ソリッドカーボン)
ヤプースティック 2 (ソリッドカーボン)
ヤプースティック 3 (ソリッドグラス)


投げたルアーは、ダイフラ、マグトー、ティート

あえて軽め~重めまでルアーウェイトに幅をもたせてテスト

もちろんこれらのルアーすべてが「気持ちよく」はあり得ないけど、「まったく投げにくい」のは困る



いや~ルアー投げといてよかったわ。 2、3 は絶妙だったけど レングス長めファーストテーパーの  がよくなかった

帰ってまた削りなおし、もっとテーパーをゆるやかにスローテーパーにしないとキャストが楽しくない


テスト中にタマゾン先住民達が興味津々で「何が釣れるんだろ~ね~」とか「何?何?何かやってるよ?」って声が聞こえてきたり

TV取材のスタッフ達が7~8人で来て俺の事撮ってたり、高速回収中のティートルアーを必死でカメラで追っていたり(笑)

何のTV番組かはわからんけど、自分の仕事関係者に見られたら非常にマズイと思い、帽子を深くかぶって話しかけるなオーラ全開で知らん顔しといた・・・






帰って早速、調子が悪かった  を削りなおし いよいよブランクにカラーコーティング!

色をまぜまぜしてヤプーmix

CAA0D6HJ.jpg


アイボリーは (白+ベージュ) どっかのフライロッドやトゥルーテンパーのイメージ
グレーは (白+黒+グリーン) グライドザウルスボロンのグレーをイメージ

ヤプースティック 1 アイボリー
ヤプースティック 2 グレー
ヤプースティック 3 クリア
 ソリッドグラスのもとの色ブルーにする予定



そして必殺「しごき塗り」


CAJ10SAV.jpg





はい、むらむら。

うらしま堂で聞いてきた「しごき塗り」難しい!

手が塗料でグッチャグチャになりながら、塗料をこぼしながら、しごいてしごいてしごきまくってやったったけど

むらむら

まあこんなもんでしょ。。。吹きつけの方が良かったかもね。



つづく。。。。。








スポンサーサイト

Category:プレイのおもちゃ

comment(0trackback(0

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ