Home  > ヤプーのよそみ > 好きな映画ベスト3

好きな映画ベスト3

2010/11/05(Fri) 01:07

たまには映画の話でも
とはいっても新しい映画ではなく僕の歴代ベスト3
一番は?って言われると困るけど、3つ挙げてって言われれば絶対にこの3本
(誰かに聞かれたら20年間以上この3本は変わらず挙げ続けている)


俺たちに明日はない


ボニーとクライド
実在した銀行強盗の話
僕の両親が大好きな映画、その影響で初めて「俺たちに明日はない」をみたのが多分小学生の頃

フェイダナウェイ、ウォーレンビーティーがボニーパーカー、クライドバロウを演じています

・市民にやさしい銀行強盗が警察との攻防戦、ストーリーが良い。
・映画全体のファッションがカッコいい、特にフェイダナウェイのスカーフ&ベレー帽は色あせない
・もちろんウォーレンビーティーのスーツやジーンハックマンだっけかな?のハンチング帽もカッコいい!
・ラストがショッキング(映画史上に残る名場面)
・映画中のブルーグラスなハッピーでノリノリなBGMからは想像できない展開になります










415011000X09_SCLZZZZZZZ_.jpg


キューブリックの映画

・全部のシーンがアート
・ミニマムの極み反面、ラスト何分間はサイケデリック!これでいいのか!?まあ時代が時代だからね
・音が限りなく少ない
・この映画の存在に哲学さえ感じる
・原作アーサーCクラークの小説はもっと考えさせられる。解けない







61ae7e80.jpg



フランス映画はあまり好きじゃないけれどこの映画は好き

「ベティーブルー」

・色、音、ストーリー、すべてが良い!
・破滅に向かうさまがあまりにも切なく美しい
・SEXから始まるオープニングが10代の僕にはセンセーショナルだった。。。
・コーヒーを入れる時の「むらし」を知った映画
・ベティーを演じるベアトリスダルがエロすぎ
・小説では主人公のゾルグがもう少し男前、映画ではジャンユーグアングラード頼りなさすぎ。これは残念
・あまりにやりきれないエンディングを知ったら2回目以降は見てられない
・フランス映画っぽくないコントラストが効いた映画






僕的に何度見てもあきない3本を紹介しましたが詳しくはウィキかなんかで調べてください
今までたくさん映画を見てきましたがこの3本を超える映画には出会っていません
でも10年以上この3本見てないかも
なので思いだしながらブログに書きました

感受性の高い10代にショッキングな映画を見たって事も理由でしょうが
ここ最近の映画はハズシ過ぎな感じが・・・
レンタルで5本まとめて借りてきて1日で全部見て全部ハズシ(涙)って事もある位




紹介した3本までとはいかないにしても大好きな映画はたっくさんあるので
これからもちょいちょい紹介していきます




おすぎなヤプーでした。










スポンサーサイト

Category:ヤプーのよそみ

comment(0trackback(0

コメントの投稿

コメントの投稿
Decoration
非公開コメント


トラックバック

トラックバックURL


▲このページのトップへ