スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010 遠征 ラスト6日目

6日目(遠征最終日)


さてさていろいろ迷ったけど、遠征ラストはどこでかざるか
泣いても笑っても最終日
これが終わったらまた一年は関東で修業
思えば年に一度の遠征のために関東であれやこれやといろんなものをいじくったり作ったり
で、集大成的な釣りウィークで悔いのないように完璧なコンディションで冒険に挑む
一年の努力を試して試されるバカンス

西が釣れるからといって決してストレス発散で行っているわけではないと思う
むしろ緊張感はMAXだし前回の遠征を今年は越えなきゃというプレッシャーさえかかってくる
もしも前年、過去よりも結果が良くなければ一年それを引きずって釣りに向き合わなければならなくなる
それは嫌だ

今年は今までの遠征と比べて好成績、それはサイズでいえばの話、自己記録は塗り替えられなかったけど
あくまでも琵琶湖の記録はナイトでの話、デイゲームでいえばもう五年も前の牛久沼の55cm

今回の遠征では51cm54cmを筆頭に40後半も何本か出している
これはうれしい
小さいのを数釣り、これもうれしくなくはない
肝心なのは元気がいい中堅サイズ~デカバス手前のをアベレージでそろえたい
去年はそのサイズがそろった

今年に限って言えばサイズでは満足でも内容、質的に78点、微妙な点数
真ん中のサイズををあまりとってないから

まだ物足りてない気持ちをどっかで埋め合わせたい
だからラストの1日は場所を選びたいし時間も正確に区切って移動をしたいと思っていた


5:30~8:00 ヘビーカバーのロプロス池

「54池」「街の雷魚池Jr」も考えたけどね
過去の遠征で感じている事
連日で入水すると1回目より2回目、2回目より3回目と確率が下がっているような気がする。明らかに平日連チャンで人のプレッシャーがかかれば確率は下がると思うし、まず一番やる気のある奴たちが一回目で喰ってくるとしたら、次の日、また次の日でやる気のない奴の出番になってくる。
そうなってくるとバイトもしょぼくなるしバイト数も下がるのは当然

今回51cm、1日空けて54cmを捕った「54池」はたまたまだし、オーバーハングの下とウィードの中にもぐっている奴と違う種類のバスを釣っているからこの結果なんだと思っている。
「54池」ではそれ以上の攻め方ができないからあえて外した

だから最終日の朝は前日に入って少し粗めに攻めたロプロス池に決めた

054_20101017181331.jpg

朝一であっさり、本当にあっさりと釣れちゃったって感じ
まだ暗くてサイズは測らなかったけ中堅手前のアオいヤツ

それから2時間粘ったけどライのアタックが5回位、バスは1キャッチでノーバイト
やっぱプレッシャー高めだったか~目につきやすい池だからな~
でもさープレッシャープレッシャーってバス達打たれ弱すぎなんじゃねーの?
俺だってプレッシャーと戦ってんだからさー
四国はギルだってライだって男前だぞ~




ふと気がつくと羽根を伸ばすと3メーター位ありそうな変な鳥が水面を見つめてじっとしている
と思った瞬間30cm位のバスを水際から捕まえて、そのままとまっていた倒木にバッコンバッコンバスを打ちつけていた
こっわ~~~。。。

まずよくもまああんな至近距離で、しかもでっかい鳥がバスに警戒心を与えることなく捕まえたな~と感心
捕えた後のしばきも迅速で素晴らしい。いや~おみそれしました~

あと特筆するべき所はそいつの頭からデビルマンのシレーヌみたいな羽根がはえている所


13.jpg


こんなに大きい羽根ではなかったけど、、、


頭はシレーヌでも体はまぎれもなくバビル2世のロプロスだったね、間違いない。



b853f6fd7eeca84a.jpg




まーどっちかっちゃーロプロスに近いかなって事で、ロプロスだと勝手に認定

あれ、、またこれ何の話だっけ?



あ~それで「ロプロス池」の次は・・・
決めていました、淡路です。
当初の予定では今年は淡路パスかなとも思っていました
なぜなら去年があまり良くなかったし

でも僕の遠征で淡路島を遠征から外しちゃダメっしょって事で最終日は後半戦を淡路で
中でも過去の成績ベスト3の池は廻りたい
怪鳥ロプロスを見つめながら香川に「また来年な。」と戻ってくる事を誓う


057_20101017181331.jpg



11:00~16:30 ゴールデントライアングル 3つの池

1つ目バクチョウ上池

058_20101017184910.jpg

059.jpg

060.jpg

061_20101017184908.jpg

昼間っからこれだからね~はずさないわ~、サイズは小さいけどね




2つ目岡本太郎池

今年は例年になく水生植物がぎっしり


063 (2)トリミング



過去何年かでバスしか釣った事がなく雷魚がいるとも思っていませんでしたが
今回はライのアタックが何度か、しかもデカイ!
でものらない。。。ノラないんじゃなくて雷魚的にはノレないらしいよ。そっか気分を盛り上げてのノセない俺のせいだ

こんだけ捕食がへたくそな雷魚は普段お食事どうしているのだろうかはてさて?
全部エサはじいちゃってるでしょ・・・それじゃーだめっしょ。



でバスはうようよいるのにノーフィシュ!





3つ目 アトム池


忘れもしない初めての遠征、長距離運転ねむねむで到着した最初の池がここ「アトム池」、この時も一人
7時位に淡路に到着、地図見ながら適当に走っていると偶然この野池にたどり着いた
頭が回転していないままふらっと一投目ビートジャック、バックラッシュ・・・なおしているとメガバイト!合わせ損ねでフッキングならず!

淡路島・・・何~これ~~~

関東のハイプレッシャーに慣れていた僕はひざがガクガク
すぐに池の逆側のエントリーしやすいポイントを探し浮輪で入水
バクチョウ!

これにはたまげましたね
それから何年かかけて数えきれないくらいの池を廻ったけど、「アトム池」ほどいい所はない
ここにきて40UP釣ってない事がない
あ、一回だけある。それは4日間の淡路、徳島遠征で坊主だった時
あれは折れた、帰りに琵琶湖57釣ったから良かったもののそれ一本のみだったからな~

何しろここアトム池は僕の遠征原点でありここでの理想的なワンシーンが目標
だから最後に相応しいなと
いつもは遠征初日、最初に来る池なんだけどね

ポイントはわかっている、4方あるうちの護岸された対岸のみ、しかも右はじが一番良い、左はじが二番目に良い
両端には見えない流れ込みがあるから
去年は大減水で良くなかったけど左端で40cmジャスト、一昨年は測ってないけど50cmチョイ手前を右端で釣っている。
その前にも正面で40オーバー

やはり感で右から、手前はもちろんスルー
集中力をきらさないためにピンポイントで魂を込める、疲れてたしね
小さい池だからパドリングも極弱め・・・

右の角に某ダブルスウィッシャーをキャスト、きまった!


でた!


のらね~~~


もう一発出ろ!


同じ位置!


でた!!!


のらね~~~え~今の誰かに見せたい


絶大なる信頼のヤプーダブルペラにチェンジ

キャスト!

ポチャ!

ジュボっ!

でたっ!!!!!!!!!

で、のった~~~~~~~~~!!!!!!!!!!!


065_20101017192653.jpg




48cmでしめようと思ったけど欲張りでもう何投か



066_20101017192653.jpg


ギルでした。。左はじでね。。。


終わった~、何本?40本以上は釣ってたね


来年はもっと釣るよ~


今年の遠征。はい、おっしまい!


帰りも安全に今もこうして家でのんびりとブログ更新中



後日番外編を更新予定!











スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんな、ことりっぷ見たことありません・・・圧巻です。
本当に四国とかってすごいんですね。
後半イカサマだとすら思いました。。。
とはいえ、大漁おめでとうございます。ロプロスの写メはないんすかっ!?

カズー様

四国は確かにすごいです
でもどこでもいいかっていうとそうでもない
良い時間に良い場所に入るは関東と同じ鉄則
釣れない奴はどこで何しても釣れないと思う

イカサマ?やるならもっとエンターテイメントに徹しますよ
こんなしょぼいイカサマはないですね
プロフィール

ヤプールアー

Author:ヤプールアー
トップウォーターでブラックバスを釣ってます

カヤック、フライフィッシングなどなど

「ヤプー」という不細工でいやらし~ルアーをつくっています

「ヤプー」とは「家畜人ヤプー」からこっそりいただきました

そして本業を疎かにしてまで水面へ・・・都内を脱出して霞水系、房総半島へ・・・



にほんブログ村 釣りブログ トップウォーターへ
にほんブログ村

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。